> キャッシングの契約書について

キャッシングの契約書について

キャッシングの場合、あまり契約書というものは存在しないことが多いものです。

その理由のひとつが、キャッシングの持つ手軽さです。
これはキャッシングはそのつど借りることが出来ますし、
また返済することが出来るという手軽な利用が可能である、
ということが何よりの利点だからです。
契約書が簡単だからお金を借りる入門書を読まなくても
借りれてしまうのが現状といえばそうですね。

家族に内緒にしたい場合は

こういう場合、そのつど契約書を発行するというような会社はありません。
また、中には家族に内緒にしている利用者がいるということから、
中にはキャッシングについてはほとんど書類を送らないというような会社もあり、
とりわけインターネットでの利用を中心に考えている会社ほど、
契約書などの書類を送らない傾向にあります。

ですが、キャッシングを利用する際に、
契約書ではなくカードそのものを送る必要が出てくることがあります。
これはキャッシングだけではなくクレジットカードの新規発行だったり、
キャッシングの利用の際にカードが送られてくるというようなことを指すのです。
この場合、郵送先を職場などにしておくことも可能です。

ただし中には自宅でしか受け取りできないと
限定している会社もありますので、注意しておきましょう。

それでも、家族に内緒でキャッシングを利用したいという場合には、
借り入れ時に業者に一言相談してみることをおすすめします。
上記のように、自宅に送付が必要な場合などに、柔軟な対応をしてくれる業者もあるようです。

書類はきちんと保管

また、そういったキャッシングを利用するためのカードそのものには、
説明書や契約書、借り入れ条件などについて書かれた書類が
添付していることが少なくありません。
こういった書類もきちんと保管したり処分したりしておく必要があります。
とはいえキャッシングの書類は処分するのではなく、
家族にもばれにくい場所に保管しておきましょう。

もし契約条件などについて確認したいのであれば、
キャッシングを行っている会社に電話して聞く方法があります。

また、ウェブサイト上にキャッシングのアカウントを持ち、
そこからキャッシングについてのさまざまな契約をチェックできる、
というサービスを提供しているキャッシング会社もあり、
とても多くのキャッシング会社がそういったさまざまなサービスに対応しています。