> 500万円融資を受ける方法

500万円融資を受ける方法

キャッシングは本来、無担保の小口融資のことを指しており、
せいぜい数十万円程度の融資が一般的でした。

しかし、近年では銀行や銀行と提携している大手の消費者金融など、
資金力のある金融機関がキャッシングを行うようになっていますので、
場合によっては500万円融資も可能になっています。

ただし、500万円融資が可能な金融機関であっても
誰でもこの金額が借りられるというわけではありません。

銀行以外では総量規制がネック

まず、銀行以外の金融機関では総量規制という制限があり、
年収の3分の一以上の借り入れは禁じられています。
そのため、500万円融資を受けるためには、年収が1500万円以上ある
ということが前提条件となっており、実際にこの金額を借りることができる人
というのは非常に限られています。

銀行では総量規制の制限はありませんが、やはり年収に応じた融資額を決定しますので、
現実問題として所得が低い人の高額借り入れは難しいでしょう。

目的別ローン

しかし、この総量規制の縛りに関係なく、銀行や消費者金融などから
500万円融資を受ける方法もあります。
不動産担保ローンやおまとめローンなどの目的別ローンです。

不動産担保ローンは、不動産を持っている人に限られますが、
総量規制に関係なく借り入れ金額を決めることができますし、
使途も自由になっています。

一方、目的別ローンは使い道こそ限られますが、
低金利で高額の融資を受けることができますし、
こちらもやはり総量規制の対象外となっています。